日本代表乾選手のスタッツ比較

リーガ・エスパニューラのエイバルに所属する乾選手がアウェイのジローナFC相手に、1ゴール1アシストの活躍を見せた。

ハイライトは👇

今回、乾選手とリーガで同じようなポジションでプレーする選手とスタッツを比較してみたい。

今回、乾選手と比較するのは、スペインの若き至宝で、レアルでも活躍するアセンシオ。アセンシオは、スピードのあるドリブル、パス、ロングシュート、いずれも素晴らしい能力を兼ね備えている。

まずはシュートから。アセンシオのほうが、試合数が少ないが、ゴール数は多い。また、枠内シュート率で、乾選手よりも10%以上高い。やはり、日本の攻撃選手は、シュート成功率に課題がある。アシスト数でも、アセンシオは乾選手を上回り、パス成功率は、なんと90%と驚異的。ミッドフィルダーで90%を超える選手は、バルサや、レアルといったトップクラブの選手しかいない。乾選手の80%は、決して、悪い数字ではないと思う。ドリブルの成功回数では、乾選手もほうが、高く、積極的に仕掛けている事が伺え、評価に値する。

乾選手は、シュート成功率か、アシスト数をもう少し増やせたら、もっと評価されるのではないか。