モウリーニョ「ロナウドがいるポルトガルは、ワールドカップにおいて不可能な事はない」

マンチェスター・ユナイテッドの監督で、ポルトガル出身のモウリーニョは、ワールドカップについて聞かれ、ブラジルのメディアに対して、次のように語った。「ポルトガルは、非常に興味深いチームだ。クリスチャーノ(ロナウド)がいないなら、ワールドカップにおいて、トップチームになる事は不可能だろう。だけど、彼がいるなら、不可能な事はない。」

モウリーニョは、アルゼンチン代表についても、同様の意見を展開した。「メッシがいないアルゼンチン代表は、優勝候補にはなりえないと思う。だけど、彼がいれば、優勝候補の一つになる。」

また、ブラジルとスペインを取り上げて、次のように語った。「ブラジルの基本的な構成、戦術的なアプローチ、メンタリティーをとても気に入っている。ブラジル人の生まれ持った気質に加え、真剣で、戦術的で、フィジカルを必要とするアプローチの融合がある。良いディフェンスをできるだけの能力があるチームだし、良いサポート基盤もある。そして、攻撃陣には、ウィリアン、ネイマール、コウチーニョ、ジェズスといった優れた選手達がいる。」

「ヨーロッパの伝統的なチームもある。スペイン代表は、真のチームであると思う。同じゲーム哲学を持った選手達を集める事ができて、そのスタイルに適応した。スペインが他のヨーロッパのチームの中でも、良い状態にあると思う。だけど、実際に見てみないとね。本当に面白くなるだろう。試合を見るために、1週間はロシアに滞在して、その後、やっと、休暇だよ。」