移籍ニュース・ゴッシプ (5/12)

●マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロは、バルセロナへの移籍が噂されるグリーズマンの代役として、古巣のアトレティコ・マドリードへの復帰もありえるかもしれないとスペインのムンド・デポルティボが伝えている。アトレティコは、グリーズマンの移籍金で、アグエロを呼び戻そうとしている。

●バルセロナは、グリーズマンとアルトゥールの移籍金を捻出する為に、アルカセルを売却したいと考えている。アルカセルは今シーズン、8試合のみのスタメン出場となっており、古巣バレンシアが興味を示していると思われたが、バレンシアのトップは復帰の可能性はないとしている。

●この夏のレアルマドリードのゴールキーパーのターゲットは、マンチェスター・ユナイテッドのデ・ヘアでも、チェルシーのクルトゥワでもなく、ローマのアリソンだとRMC Sportが報じている。レアルは、約7,000万ユーロ(約91億円)を用意していると言われている。

●ラッツィオのオランダ出身ディフェンダー、デ・フライは、ラッツィオとの契約延長に合意できず、インテルと4年契約を結んだ。