復活を遂げたセリエA

ローマでバルセロナが準々決勝で敗退した事は世界を驚かせたが、一方で、長く待ち望まれてきたセリエA再復活を示す重要な出来事でもあった。半年前には、イタリアサッカー会は絶望的な状況だった。イタリア代表がワールドカップ出場権を逃したのは、60年ぶりの事だったからだ。しかし、5月現在、状況は好転しているように思われる。それがたとえ、ユーヴェの7年連続スクデットが決まった後でもである。アッズーリにとってさらに良いことは、ゼニトで監督を勤めているマンチーニをイタリア代表監督として、任命したことである。

なぜセリエAが復活を遂げたかを4つの要因を挙げて見ていきたい。

●ナポリが優勝候補として、台頭
今シーズンのヨーロッパで、激しいタイトルレースを見かける事は難しかった。バイエルンミュンヘンは、6年連続のブンデスリーガのチャンピオンになり、パリ・サンジェルマンはモナコから王座を奪還する為、リーグ・アンを独占し、プレミアリーグでは、マンチェスター・シティが全てのチームを容易に払いのけて、リーグ記録を樹立した。しかし、イタリアでは、2つの強豪がシーズンを通して、接戦を繰り広げた。シーズン序盤は、ナポリが首位に立ち、その後、ユーヴェに首位の座を奪われるも、先月行われた、2位ナポリと1位ユーヴェの直接対決では、ナポリがトリノでユーヴェを1-0で下して、勝ち点差を1にまで縮めて、最終戦までタイトル争いがもつれる事を匂いわせた。なぜなら、ユーヴェはインテル、ローマなどのビックマッチを残す一方で、ナポリの対戦相手は、中堅クラブしか残っていなかったからである。だが、ナポリはこの後、フィオレンティーナの一戦で、ユーヴェ相手にウイニングゴールを決めたクリバリが前半6分に退場処分となり、アトレティコマドリードのシメオネ監督の息子、ジョバンニ・シメオネにハットトリックを決められ、タイトルへの希望を絶たれた。

ただナポリはイグアインをユーヴェに奪われたにも関わらず、トリノでユーヴェを圧倒した事は評価したい。サッリ監督が展開するパスサッカーはカテナチオを掲げる、今までのイタリアらしからぬサッカーでもある。

●ローマのチャンピオンズリーグの躍進
誰もローマがバルセロナを破る事を予想だにしなかった。とりわけ、バルセロナがホームのカンプノウでローマを4-1で破った後なら、なおさらだ。だが、ローマのファンはそれでも信じていた。そして、準々決勝第2戦は、チャンピオンズリーグの歴史の中でも、最も素晴らしい試合を展開した。ローマのマノラスは、昨年、バルセロナがパリ・サンジェルマン相手に見せた劇的な逆転劇と同じよう逆転劇をやってのけたのだ。ローマは、その後、準決勝でリヴァプールと対戦し、元ローマのサラー等にゴールを奪われ、結果として2戦合計6-7で準決勝で敗退したが、イタリアのチームに栄光への道筋を示して見せた。

ユヴェントスもまた、チャンピオンズリーグの王者、レアルマドリードを相手に、サンチャゴ・ベルナベウで行われた準々決勝第2戦を3-1として、2戦合計 3-4で敗れたものの、王者を苦しませた。

●ミラノ新時代
今シーズンのACミランとインテルミラノは、おそらく予想を下回る成績だろう。しかし、二つの伝統的なクラブの未来は明るい。その理由は、買収後の巨額な投資によるものである。ミランは、昨年夏に移籍市場で大型補強をして、周囲を期待させた。その一つの補強が元ユーヴェのボヌッチである。ただモンテッラ監督はその後解任され、その後、元ミランのガットゥーソが指揮を取り、コッパイタリアを決勝まで導いた。

来季からセリエAのチャンピオンズリーグ枠が4つに戻るのを受けて、今シーズンのインテルは、ずっと4位以内をキープし、チャンピオンズリーグへの復帰を感じさせた。一時はリーグ首位に立つ事あるほどだった。ただシーズン終盤、ホームでユーヴェ相手にリードしながら、リードを守りきれず、敗退した影響もあってか、順位を5位まで下げてしまい、CLが遠いた。しかし、今夏の補強によって、来季もトップ争いを繰り広げる事は間違いないだろう。

●未来のスター

フィオレンティーナのジョバンニ・シメオネ。父親はアトレティコの監督

セリエAにおいて、グローバルスター不足である事は避けがたい。例えば、将来を期待されたボグバは、プレミアリーグに移籍してしまった。しかし、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂される、ラツィオのミリンコヴィッチ・サヴィッチを初めてとする将来のスター候補は存在する。ミリンコヴィッチは、ポグバ以上に将来を期待される選手でもある。

またミラノのドンナルンマは、まだ完成された選手ではないが、ブッフォンの後継者と言われている。一方で、ジョバンニ・シメオネは、父親越えるキャリアを期待されている。ナポリには、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されるジョルジーニョや、インシーニェといった、イタリアの新時代を担う選手達もいる。

こうした事からも、今後のセリエAの動向が注目される。