ジダン: クロップを称賛

リヴァプールとのチャンピオンズリーグ決勝の対戦を前に、ジダンはクロップについて聞かれると、次のように語った。

「個人的に彼の事を知らないし、話した事もないが、彼がしてきた事を見てきて、敬意を評さざるを得ない。何年にも渡って、それも、ドルトムントだけでなく、リヴァプールでも彼のサッカーを示してきた。彼がチャンピオンズリーグとプレミアリーグでしてきた事に対して、多大な敬意を払う。」

どのような戦いになるかについて聞かれると次のように回答した。「(レアルが)チームとして、同じようなフットボールをするかはわからない。みんなが、(リヴァプールの)フォワード3人(フィルミーノ、サラ―、マネ)について話しているが、彼らはチームとしてプレーしている。彼らは決勝に進出し、レアルと同様、そこまでたどりついた事に値する。」

また、ロナウドとサラ―を交換するかどうかについて聞かれ、次のように回答した。「クリスチャーノが一番だ。彼は、毎年それを示してきた。時には、それが選手にはプレッシャーにもなる場合もあるし、プレッシャーが選手を駆り立てる場合もある。彼は、間違いなく、後者の選手だね。彼は、レアルにとって、最も重要だ。」

2年連続タイトルを獲得して、以前ほど、レアルは強くないのではないかという質問には次のように答えた。
「レアルは常に同じ強い気持ちを持っているし、そうではないと言う事は誰にも出来ない。3年連続決勝に進出して、歴史的な事を成し遂げるチャンスがあるし、3回連続でタイトルを獲得するチャンスでもある。リヴァプールがレアルよりもハングリーであるという事は出来ない。それは真実ではない。誰も我々からハングリーさを取ることはできない。我々はレアルだからね。常に更なるタイトルを望んでいるし、更なるタイトルを取る為に常に全力を尽くすだろう。」