ゾーンディフェンス VS マンマークディフェンス

ゾーンディフェンスか、マンマークディフェンス(マンツーマンディフェンス)か?といった二者択一の議論を耳にする事があるが、どちらか一方というよりは、チームとして、また状況によって、使い分けられていると思う。

●ゾーンディフェンス
現代サッカーで一般的に用いられる戦術。選手は各ゾーンを守るが、そのポジションは、ボールの場所、相手の位置、スペース、チームメイトの位置によって、決められる。
ポジションを重視したゾーンディフェンス

ブロックを作り、スペースをコントロールする為に、チームとして、縦にも横にも動く。スペースを消して、相手の攻撃のオプションを狭める事に重点を置く。
選手を重視したゾーンディフェンス
ボールを持っている選手に焦点を置き、チームとして、その選手からある一定の距離を保って動く。

●マンマークディフェンス
文字通り、一対一でつくディフェンス。

-短所
極端な例で言えば、写真のようにフォーワードがミッドフィルダーの位置まで下がった場合、ディフェンスもそこまでつくか、放っておくしかない。ついた場合には、ディフェンダーがいた場所に大きなスペースが生まれる。
柔軟なマンマークディフェンス
攻撃の選手が縦にも横にも自由に動き回る場合、守備の選手は選手の受け渡しをする。
⇨スペースを重視するマンマークディフェンス
守備的な選手は、各ゾーンを担当し、相手がそのゾーンに侵入してきたら、マークする。

現代サッカーにおいて、マンマークは、クリエティブな選手をマークするのに用いられたり、コーナーキックの時に用いられる。