ロシアワールドカップのトップ10ゴール

FIFAのホームページにおける投票により、事前に選定された18ゴールの中から、トップ10ゴールのランキングが発表された。
個人的には、必ずしも全ゴールに賛成出来る訳でないが、いつくかのゴールは、この場面で、このゴールを決めるかという、鳥肌も立ったトップレベルのゴールだったのは、間違いない。例えば、スペイン戦での終了間際のロナウドのフリーキック、スウェーデン戦で土壇場に決めたクロースのゴール、モドリッチ、パヴァールのゴールはトップクラスだろう。日本相手に決めたゴールが2つランクインしているのは、少し皮肉でもある。今大会でブレイクしたロシアのチェリシェフのゴールも素晴らしい。

トップ10ゴールのビデオは↓(ビデオサイズ 約30MB)

10位 トニ・クロース(ドイツ代表)   スウェーデン戦
9位  クアレスマ(ポルトガル代表)    イラン戦
8位  ムサ(ナイジェリア代表)   アイスランド戦
7位  チャドゥリ (ベルギー代表)        日本戦
6位  チェリシェフ(ロシア代表)  クロアチア戦
5位  メッシ(アルゼンチン代表)        ナイジェリア戦
4位  ロナウド(ポルトガル代表)        スペイン戦
3位  モドリッチ(クロアチア代表)    アルゼンチン戦
2位  キンテロ(コロンビア代表)        日本戦
1位   パヴァール(フランス代表)       アルゼンチン戦

No1のゴールに選ばれたパヴァールはアルゼンチン戦後のインタビューで、両親から「あなたのおかげで、素晴らしい事を経験しているわ」とのコメントに思わず、涙ぐんだ。

パヴァールは、次のようにコメントした。「10歳で下宿生活を送り、両親は自分の為に、多くの犠牲を払ってくれた。彼らがしてくてくれた事に感謝しきれない。」