おもしろ映像: ブッフォンがPSGの新米として歌う

2001/02シーズンから2017/18シーズンまでユヴェントスの正ゴールキーパーを務めたブッフォン。40歳になった彼が、この度、パリ・サンジェルマンに移籍し、新人としての儀式を行うことになった。ダイニングルームにある椅子の上に立ち、サングラスをかけて熱唱した。

この映像は、同じイタリア出身のヴェッラッティとブラジル代表ネイマールによって、録画され、インスタなどで公開された。レジェンドゴールキーパーのブッフォンが、恥を忍んで、歌っているところを見れる貴重な映像かもしれない。

その映像が


ブッフォンは、PSGの記者会見で次のように語っていた。
24年間、誰も自分がメインゴールキーパーとは、言わなかった。トレーニングをして、呼ばれた時にプレーするため、自分自身を常にベストのコンディションに持っていかなければならないと信じている。ここでも、監督に呼ばれた時にベストを尽くせるためにいるし、みんながさらに上達する事を助けるためでもある。だから2つの役割があるんだ。」

PSGは、補強を進めるも、近年、チャンピオンズリーグでは、準々決勝の壁を超えられていない。ブッフォンがそれを助けることが出来るのか、注目である。