セリエA 2018-19 プレビュー

2018-19シーズンのセリエAの1番の話題は、クリスチャーノ・ロナウドと言っても、過言ではないだろう。やはり今年もユーヴェが優勝最有力候補と言えるだろうが、昨シーズンから勢力図は変わらないのだろうか? ここでは、今シーズンのセリエAのチームを見ていきたい。

ユヴェントス
ロナウドがレアルから移籍し、イグアインはACミランへローン移籍。昨シーズン、イグアインはリーグ戦16点に止まった。この数字は、2015-16シーズンに記録した自身のセリエA最多記録36得点の半分以下となり、ユーヴェで期待されている数字には、届かなかったということだろうか!? 
また、これに伴い、ボヌッチがミランからユーヴェに復帰した。ブッフォンが抜けた穴をキエッリーニとボヌッチのコンビ復活で、再び盤石のディフェンスを築く事が期待される。 また、昨シーズンのチーム得点王であるディバラがロナウドとどういう連携を組むかも注目でもある。7年連続セリエAを制覇している王者が今シーズンも優勝候補である事は間違いない。
(主要メンバー)
(GK) シュチェスニー, ペリン
(DF) キエッリーニ, ボヌッチ, バルザーリ, ベナティア, アレックス・サンドロ, カンセロ , ルガニ, デ・シリオ
(MF) ピアニッチ, ケディラ, ダグラス・コスタ, マテュイディ, エムレ・ジャン, ベンタンクール
(FW) ロナウド, ディバラ, マンジュキッチ, クアドラード, ベルナルデスキ

ナポリ
昨シーズン、ユヴェントスと唯一優勝争いをしたナポリだが、サッリ監督とチームの主軸であったジョルジーニョはチェルシーに移籍した。代わって、アンチェロッティが2009年以来のセリエAの
監督を務める。経験豊富なアンチェロッティがナポリをどのように指揮を取るか、注目である。ベテランキーパーのレイナもACミランへ移籍し、代わって、メレトをウディネーゼから獲得し、この移籍が今シーズンのナポリで1番大きいものとなったが、早速、開幕前に骨折してしまった。アンチェロッティ監督は、プレシーズンで、4-2-3-1もしくは、4-3-3のフォーメーションを試しており、昨シーズン、ナポリのトップスコアラーであるメルテンスは、開幕戦のベンチ入りが濃厚だ。代わって、ミリクを起用している。親善試合とはいえ、リヴァプール相手に5-0と大敗を喫し、枠内シュート数は1だったのが、少し気掛かりでもあり、昨シーズンからの勢いを保てるかどうか。
(主要メンバー)
(GK) メレト, カルネジス
(DF) クリバリ, アルビオル, ヒサイ, マリオ・ルイ, マクシモヴィッチ, マルキュイ
(MF) アラン, ファビアン・ルイス, ハムシク, ジエリンスキ, ログ, ディアワラ
(FW) カジェホン, ヴェルディ, ウナス, メルテンス, インシーニェ, ミリク, カルロス・ヴィニシウス

ローマ
昨シーズンは、チャンピオンズリーグの準々決勝でバルセロナ相手に大逆転劇をみせたローマ。だが、セリエAでは昨シーズン、3位に止まり、2位との勝ち点差は、14と大きく開いていた。ユーヴェに次ぐ、守備を誇ったが、アリソンはリヴァプールへ移籍。また中盤のナインゴランもインテルへ移籍した。昨シーズンチーム得点トップのジェコは16得点と、上位の順位に食い込むには、少し物足りない。かといって、他に2桁台の得点をする選手がいる訳でもない。だが、この移籍市場で、父親が元バルセロナの選手でもある、息子のクライファートをアヤックスから獲得した。また、ミッドフィルダーでは、パリ・サンジェルマンからパストーレを獲得、セビージャからエンゾンジを獲得した。ゴールキーパーは、ワールドカップでも活躍したスウェーデン代表のオルセンを獲得し、まずまずの補強をしたと言える。
(主要メンバー)
(GK) オルセン, ミランテ,
(DF) マノラス. マルカノ, ファシオ, ファン・ジェズス, コラロフ, サントン,
(MF) デ・ロッシ, ストロートマン,  ペッレグリーニ, ゴナロン, フロレンツィ,  エンゾンジ, パストーレ, クリスタンテ, チョリッチ
(FW) ジェコ, ペロッティ, シック, ウンデル, クライファート, エル・シャーラウィ

インテル
昨シーズンのインテルは、開幕戦16戦負けなしを記録し、1位になったかと思えば、イカルディの問題発言もあり、その後、7戦勝利がないという安定しないシーズンでもあり、最終的に4位に終わった。セリエA得点王のイカルディを要し、ワールドカップで2位になったクロアチア代表のヴルサリコ、ペリシッチ, ブロゾヴィッチもおり、さらにローマからナインゴランを、ラッツィオからデ・フライを獲得して、 チームとしてのポテンシャルは高いが、今シーズンは、チャンピオンズリーグも戦う為、安定した成績を残せるかにかかっている。また、新戦力のマルティネスが、ICCのアトレティコ戦で、華麗なボレーを決め、スパレッティ監督への期待も高まっている。マルティネスの動画は↓

(主要メンバー)
(GK) ハンダノヴィッチ, パデッリ
(DF) ミランダ, シュクリニアル, デ・フライ, ヴルサリコ, エンリケ, ダンブロージオ, アサモア, ラノッキア
(MF) バレロ, カンドレーヴァ, ブロゾヴィッチ, ペリシッチ, ガリアルディーニ, ベシーノ, ナインゴラン, ジョアン・マリオ
(FW) イカルディ, マルティネス, カラモウ, ポリターノ, ピナモンティ

ラツィオ
フィリッポ・インザーギの弟、シモーネ・インザーギが監督を務めるラツィオ。セリエA得点王タイのインモービレと、アシスト王のルイス・アルベルトを要し、昨シーズンの得点力はリーグ1番だったが、失点も多かった。補強もゴールキーパーやディフェンダーが主で、フィオレンティーナから守備的ミッドフィルダーのバデリをフリーで獲得し、どこまで、硬い守備が出来るかにかかっている。また、攻撃的な選手として、セビージャからコレアを獲得した。
(主要メンバー)
(GK) ストラコシャ, プロト
(DF) ルイス・フェリペ, パトリック, カセレス, ジョルダン・ルカク, ワラシ, ラドゥ, アチェルビ, ドゥルミシ, バストス, マルシッチ
(MF) ミリンコヴィッチ・サヴィッチ, ルーカス, ルリッチ, ルイス・アルベルト, パローロ, ムルジャ, ベリシャ, コレア, バデリ
(FW) インモービレ, カイセド

ACミラン
順位が低迷している中でも、近年、大型補強を行なっているミランだが、結果になかなか結びついていない。さらに上の順位を目指すには、得点力不足が挙げられるが、ユーヴェからローンでイグアインを獲得し、期待が集まる。またチェルシーからバカヨコを獲得し、モナコの時のような活躍が期待される。他にもラクサール、カスティジェホと攻撃的な移籍が功を奏するか、期待される。
(主要メンバー)
(GK) ガブリエウ, ドンナルンマ, レイナ
(DF) ロマニョーリ, ムサッキオ, アバーテ, カラブリア, リカルド・ロドリゲス, カルダラ, ストリニッチ, サパタ
(MF) ケシエ, ボナヴェントゥーラ, ビリア, モントリーヴォ, バカヨコ, ラクサール, カスティジェホ, ハリロヴィッチ
(FW) イグアイン, スソ, チャルハノール, ボリーニ, クトローネ

個人的な見解では、ユーヴェが抜きん出ており、その後に、ナポリとインテル。それから、ローマ、ラツィオ、ACミランだろうか!?ただリーグ戦は、長期戦でもある為、何が起こるかわからない。

関連記事↓
欧州5大リーグ: 主な移籍まとめ (2018)