ユルゲン・クロップの哲学とルール

フットボールのスタイルという事で言えば、グアルディオラが最も注目されているかもしれない。だが、最もファンから愛される監督と言えば、ユルゲン・クロップではないだろうか!? 今日はそんなクロップ監督なりの哲学やルールについてまとめてみた。

●We have only this one life and should make the best of it 
人生一度きりなので、良くなるようにベストを尽くすべきだ
(make the best of itは最大限に活かすという意味でもある)
ベストを尽くすとは、今日が最後の日であるかのように楽しんだり、祝ったり、お酒を飲んだりする事ではない。より良い場所になるように尽くす事だ。だけど、あなたが部屋に入ってきて、みんなが気分を悪くする事がないような環境でのみ可能である。だから自分はベストを尽くせるように努めているし、人生をそのように理解している。

●Have memorable games in a row 連続して記憶に残る試合をする
人々が次の試合を本当に見たいと思い、次の試合を待ちきれないと思うようなフットボールをするべきだと思う。そのように頻繁にし続ける事で、成功する事が出来る。

●Live in the moment この瞬間に生きる
この瞬間を生きることで、未来へ影響を与える事が出来る。もしあなたがいつも未来に生きていて、未来に何かが変わる事を望んでいるなら、たくさんの事を変えなければならないという事を忘れている。もしあなたがいつも過去に生きていて、多分、年配の人が多いと思うが、(過去の)素晴らしい瞬間について考えていたなら、私達はそこにはいないという事だ。私達は、人生の真っ只中にいる。全てに大きな影響を与える事が出来るし、より良くする事が出来るように努めるべきだと思う。自分達の為だけじゃなければ、家族の為に、友達の為に。この瞬間に100%でいる事で、未来を良くする事が出来る。

●Build a Family 家族を作る
みんなが望む事を全てするような世界に私達はいない。私達はグループにならなければならない。時には、家族だけ。時には友達と。時には、一緒に。LFCは家族である。なぜなら、一緒にフットボールに取り組むからね。ピッチの選手、メルウッドで働く人達、世界中のサポーター達。そうした私達がグループとしてより強ければ、間違いなく成功するだろう。

●Stay confident 自信を持ち続ける
(色々な問題があったとしても)一生懸命取り組まなければならないし、ベストのコンディションで走って、戦う準備が整う時の為にも、自信を持ち続けなければならない。

●Keep trying トライし続ける
ターゲットに届いたら、それは素晴らしい。ターゲットに届かなくても、それが悪いとか、ふさわしくないという事ではない。もう一度トライするだけだ。慰めや人々の励ましに納得した時が重要なんだ。この瞬間にも常に代替案を考えているし、常に励ます事だ。もっと上手く出来る人がいるかって?もし上手く出来る他の誰かを知っていたら、自分はここにはいないだろう。

● Learn from experiences 経験から学ぶ
人生は、とても早いけど、時には、他の人の経験を自分に活かす事が出来る。

Be disciplined 規律を保つ
規律を保つ事は重要だけど、相対的でもある。絶対にターゲット失わず、常に集中する事だ。

●Emotion make the difference 感情によって、違いを生み出せる。
戦術はとても重要だけど、感情によって、他との違いを生み出す事が出来る。

引用動画
(BT Sports)
(Football Nation)
(Football Nation)
(Football Nation) (ドルトムント時代)
(Football Nation)
(Football Nation)
(Other)