プレミアリーグで得点王を独走するサラー選手

マンチェスターシティがプレミアリーグの首位を独走し、早くも優勝を飾った。そんなマンチェスターシティに初黒星をつけたのは、リヴァプール。そのリヴァプールに今シーズン移籍したモハメド・サラー選手の活躍もまた、誰も予想していなかっただろう。
【プロフィール】
国籍: エジプト
年齢: 25歳(1992年6月15日生まれ)
身長: 175 cm
ポジション: フォワード、ウィング
所属: リヴァプールFC (2017-)
過去所属クラブ: ASローマ (2015-17), フィオレンティーナ (2015), チェルシー (2014), バーゼル (2012-14)
・2016年CAF(アフリカサッカー連盟)チーム・オブ・ザ・イヤーに選出。

バーゼルで活躍し、スイス・スーパーリーグ優勝。スイス・スーパーリーグのゴールデン・プレイヤー賞を受賞。チャンピオンズリーグ対チェルシー戦でのゴールを決めた活躍が注目を集め、モウリーニョのチェルシーへ移籍するも、アザール、オスカー、ウィリアンといったタレントからレギュラーを奪取できず、セリエAへ。セリエAで結果を残し、プレミアリーグへ返り咲いた。また、エジプト代表では、劇的なPKを決め、エジプトを28年ぶりのワールドカップに導く。

【プレースタイル】
スピードあるドリブル、テクニック、卓越したボールコントロール力を持つ。利き足は左足だが、右足でも決める。

【スタッツ:プレミアリーグ】
4/18現在、30ゴールでトップ。2位はハリー・ケイン選手の26ゴール。

 

 

 

 

【動画】
その中、リヴァプールFCが選んだ、サラー選手のここまでのプレミアリーグのトップ5ゴールはこちら👇

 

その他のプレー集は👇