WC決勝トレビア: フランス対クロアチア

過去3大会のワールドカップ決勝戦は、延長までもつれこんでいるが、PKで王者が決まったのは、1994年と2006年の2回のみ。

フランスがワールドカップの決勝に進んだのは、3回目で、98年に優勝。2006年は、PKで敗退している。過去20年で最も多く決勝に進んだのは、ブラジル、ドイツの2回を超えて、フランスが一番になる。

●クロアチアは、初のワールドカップ決勝に進出。今まで決勝に進んだ国は、13カ国で、そのうち、ヨーロッパからは、10カ国目 (ヨーロッパ : フランス、イングランド、ドイツ、イタリア、スペイン、チェコ, ハンガリー, スウェーデン, オランダ、クロアチア, 南米: ブラジル, アルゼンチン, ウルグアイ)。直近で、初の決勝に進んだチームが優勝したのは、1998年のフランス、2010年のスペイン。逆に負けたのは、1974年のオランダ。

●ムバッペ(エムバペ)は、1958年のペレ以来、10代で最も多くゴールを決めた選手。ムバッペは現在3ゴール。ペレは6ゴール。

ジルーは、ここまで465分プレーしているが、一回も枠内にシュートを放っていない。1966年以降、13回シュートを打って、一度も枠内シュート打っていないのは、ジルーが初めてである。

●2014年, 2010年,2006年のワールドカップ決勝で負けたキーパーはいずれもモナコでプレーしている。クロアチアのキーパーはモナコでプレーしているという事は……